いぼの切除なら手術がお勧め【高い効果が期待できると人気絶大】

  1. ホーム
  2. メスを入れても大丈夫

メスを入れても大丈夫

カウンセリング

傷跡の心配はいらない

顔にできたいぼに悩まれている方はたくさんいらっしゃいますが、美容外科を利用すれば跡形もなく取り除くことが可能です。美容外科で採用されている主な治療方法は、炭酸ガスレーザーと切開手術になります。両方の施術に対応している施設は多く、いぼの状態によって適切な方法を選択し治療にあたってくれます。2つの施術はいぼの大きさによって適宜使い分けられ、数ミリ程度のものであれば炭酸ガスレーザーで除去することができます。そして、5ミリを超えるような大きなものになると切開手術が適用されます。炭酸ガスレーザーでの除去は、レーザーの熱エネルギーでいぼ組織を蒸発させる施術となるため、切開や縫合などは行いません。傷跡を残さずにきれいに除去できるため、負担もなく人気の施術となっています。術後に赤みが残りますが、それも時間とともに少しずつ消えていき、最終的には跡形もなくなります。そして、切除手術ではメスを使って患部を切り取ることになります。手術に対応する美容外科では、高度な技術と細心の注意のもと行われているので傷跡が残る心配はありません。切除直後は白みがかった線が細く残りますが、時間とともに消えていきます。また、術後数ヶ月ほど赤みが残ることもありますが、それも過度に心配することはありません。傷跡の消失にはある程度時間がかかることもあるので、落ち着いて待つことが重要です。6ヶ月ほどで赤みも消え、どこを切除したのか判別も難しい状態になるでしょう。術中の麻酔はどちらも局所麻酔が使用され、痛みを感じることなく受けられます。いぼの除去は繊細な施術が要求されるため、除去中は顔や体を動かさないよう落ち着いて受けることが重要です。炭酸ガスレーザーやメスによる切除手術は多くの美容外科で行われており、それぞれ治療実績を積み重ねているため安全に受けられます。ただ、施術にあたっては受ける側も一定の心構えを持たねばなりません。施術を受ける際には予約を取ることが不可欠となりますが、予約時間は確実に守って出向くことが求められます。確実な施術を受けるためにも、時間に関しては施設側のスケジュールに影響が出ないように心がけましょう。